むらじゅん風呂具

ITエンジニアとたまに歌手と司会などで活動する村中淳のブログ

【AWS】EC2インスタンスにCPU使用率アラートを設定した

標題の件ですが、さくっと直感的にやれてしまうほど簡単で助かりやす。

アラームを作成する

CloudWatch ダッシュボード > アラーム > アラームの作成

f:id:pj124183:20200111113922p:plain

新しいアラームの作成 画面になるので、以下項目を設定

・メトリクスの選択

すべてのメトリクス > EC2 > インスタンス別メトリクス > 対象のEC2インスタンスとメトリクス名 [CPUUtilization] を選択

メトリクスは、インスタンスの利用可能な CloudWatch メトリクスのリスト表示を参照

次に、グラフ化したメトリクス > 期間を1分に変更 > メトリクスの選択 をクリック

・アラームの詳細

名前と説明は適当に。
次の時:CPUUtilization が >= 80 と設定

f:id:pj124183:20200111115054p:plain

・追加設定

欠落データの処理方法:適性(しきい値を超えていない)
これをしておかないと、データ不足で表示されてしまう。

以下設定画面の補足

このオプションは、アラーム評価のためのメトリクスデータがない場合に適用されます。

・アクション

メールを飛ばしたいので、状態:アラーム、通知送信先にリストを設定

f:id:pj124183:20200111115349p:plain

最後にアラームの作成

・新しいメールアドレスの確認

画面に新しいメールアドレスの確認が表示

f:id:pj124183:20200111120559p:plain

通知先に指定したメールにAWSからメールが届くのでリンクをクリック 下記画面の表示が出ればOK

f:id:pj124183:20200111120907p:plain

アラートの作成を確認

f:id:pj124183:20200111115549p:plain


・アラートテスト

メール送信されるのか確認のため、EC2インスタンスでCPU使用率を上げるコマンドを行う

$ yes >> /dev/null &

CPU使用率が上がっているのを確認

$ vmstat 1
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ------cpu-----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
 1  0      0 662184   2088 252176    0    0     2     4   25   48  0  0 99  0  0
 1  0      0 662184   2088 252176    0    0     0     1  264   48 100  0  0  0  0
 1  0      0 662184   2088 252176    0    0     0     0  258   36 98  2  0  0  0
 1  0      0 662184   2088 252176    0    0     0     0  253   15 98  2  0  0  0
 1  0      0 662184   2088 252176    0    0     0     0  256   24 98  2  0  0  0
 1  0      0 662184   2088 252176    0    0     0     0  257   32 100  0  0  0  0
^C
$

しばらく待つ。


・アラートメールを確認

ALARM: "cpu-alert-test" in Asia Pacific (Tokyo) というメールを受信

ダッシュボード上でアラートになっていることを確認

f:id:pj124183:20200111122909p:plain


とりあえず一旦設定完了。
そろそろ小さいサーバを運用していき、日々のアラートを対処しながらAWS力を付けていきたい。