むらじゅん風呂具

ITエンジニアとたまに歌手と司会などで活動する村中淳のブログ

【AWS】料金アラートのメールが来たので詳細を確認してみた

つい先日設定した料金アラートが、まさかこんなにも早く役に立つとは・・・。

murajun.hatenablog.jp

良い機会なので詳細を確認してみる。


"ALARM: "BillingAlarm" ~" というタイトルのメールが来た

本文も同様に英語でずらずらっと書いてますが、

「君が設定した料金上限超えたから連絡したで!」(意訳

とのこと。ちなみに上限値は日本円で千円。


請求情報とコスト管理ダッシュボード を見る

ダッシュボードを確認してみると、サービスごとの料金を確認。

f:id:pj124183:20200108202553p:plain

わかりやすくていいですね。RDSということでもう目処がついたが、 料金明細 をクリックすると、

f:id:pj124183:20200108202823p:plain

細かく書いており、マルチAZに配置してありDBインスタンスが稼働しっぱなしであることを確認。


AWS公式のハンズオンをやった際に作成したものだが、
誤解のないように言いますと、ハンズオンの中にきちんとリソースの削除方法も説明していただいてます。
今回、手順を身体に染み込ませるために何度もやっており、最終的に残していた。

aws.amazon.com

とりあえずサクッと削除をする。

Amazon RDS for MySQL の料金に関して

当然のことながらきちんと説明が以下にあり。

aws.amazon.com

マルチAZ配置で利用。
1時間あたりの料金を確認して、請求されている金額と相違ないことを確認。


無料利用枠をきちんと把握しよう

ナレッジを積み重ねていく、手を動かしていくことにおもしろさを感じているこの頃。
料金についてもきちんと把握していきたいと思う良い機会となった。

クラスメソッド さんの以下記事がとても参考になりそうなので、
ゆっくり読んでまたナレッジを積んでいきたいと思います。

dev.classmethod.jp