むらじゅん風呂具

ITエンジニアとたまに歌手と司会などで活動する村中淳のブログ

【AWS】Elastic Beanstalk を使ってみた

以下、ドキュメントより

・AWS Elastic Beanstalk とは?
Elastic Beanstalk では、
アプリケーションを実行しているインフラストラクチャについて学習することなく、
AWS クラウドでアプリケーションをすばやくデプロイし、管理できます。

要は構築レスにサクッとアプリケーションデプロイできまっせ!というサービスらしいので、
サクッと触ってみる。

Wordpressが入ったEC2、使用するデータベースを作成する

いつもの通り、マネジメントコンソール > Elastic Beanstalk > [今すぐ始める] をクリック

f:id:pj124183:20200104111219p:plain

ウェブアプリケーションの作成画面に移るので項目を入力

・アプリケーション名
ebs-wordpress

・アプリケーションタグ
入力なし

・プラットフォーム
PHP

・アプリケーションコード
事前にダウンロードしておいた、Wordpressのzipファイルを指定

・アプリケーションコードタグ
入力なし

入力後、[アプリケーションの作成] を押すとEC2インスタンスは出来上がるが、
設定が足りなさすぎて接続すらできないので注意。

オプションの設定をしていく

[より多くのオプションの設定] をクリック

設定画面が諸々と出てくるが、勉強用なので慌てずそれぞれ確認をしていく
以下、最低限必要な設定のみ入れていく。

・設定のプリセット

単一インスタンス (無料利用枠対象)

・ネットワーク

VPCは作成したwordpress用のVPC
インスタンスの設定にて、パブリックIPアドレスの割当にチェックを入れる
サブネットはパブリックを指定

インスタンス

セキュリティグループをwebサーバ用のものに設定

・セキュリティ

EC2キーペアを作成したものに設定

・通知

Eメールアドレスを自身のもに設定

・データベース

エンジン:mysql
ユーザ名:root
パスワード:自身で設定
保持期間:スナップショットの作成、もしくは削除の選択が可能、ここは削除を選択
以下補足

環境を終了すると、データベースインスタンスも終了します。
[スナップショットの作成] を選択し、終了前にデータベースのスナップショットを保存します。
スナップショットには標準ストレージ料金がかかります。

アベイラリティー:低(1つのAZ)

・再度ネットワークへ

データベース設定項目が追加されているので、
2つのアベイラビリティゾーンで、それぞれのプライベートサブネットを選択

すべて入力後、[アプリケーションの作成]をクリック。
しばし待つ。

しばらくして、ダッシュボードに ヘルス OK を表示後、確認していく

Wordpress設定へいけるか

ダッシュボードの[最近のイベント]の中に、
作成したアプリケーションのURLが記載されるので確認

f:id:pj124183:20200104122803p:plain

http://<確認したURL>/wordpress にアクセスをすると、

Wordpressの初期設定画面へアクセスを確認

f:id:pj124183:20200104122931p:plain

続いて設定したデータベースを入れてインストール画面へ進む

データベース名:ebdb
※EBSで作成したRDSはデフォルトで ebdb を作成
ユーザ名:root
パスワード:自身で設定したもの
データベースのホスト名:DBのエンドポイント
テーブル接頭辞:wp_(デフォルト)

入力後、[インストール実行] ボタンが表示されることを確認

f:id:pj124183:20200104123609p:plain

恐ろしく早い構築レス、俺でなきゃ見逃しちゃうね

サクッとEBSでの構築を体験してみた。
自身でEC2、RDSをぽちぽちやりながらやっていたところを、
より早くやれてしまうこやつ、やりおる・・・。
本格的な業務での構築パターンもどこかで聞いてみたいな。

ごっつあんです。