むらじゅん風呂具

ITエンジニアとたまに歌手と司会などで活動する村中淳のブログ

5年ぶりのレコーディングと歌声

街の片隅にある木漏れ日が美しい。

そんな印象が残る街で約5年ぶりにレコーディングをした。

 

これに至るまでのタイミングがいろいろと良すぎて、
ロマンチスト村中の心は動かされてしまった。

 


相方に選んだのは盟友そうちゃん (通称:ロギー)


先日、久しぶりにピアノ演奏を聴く機会があり、
そのシャレオツっぷりは健在で肌ざわりの良い音色を楽しませてもらった。


演奏後にカウンターで軽くしゃべりながら、
エンジニアも行える彼に事の顛末を話したところ、
「ぜひ!」という力強い返事をもらえたので日時を設定。


その日までの間、iphoneにピアノのアプリを入れて「はー!はー!」と発生練習する日々。

懐かしかった。昔ひたすらやってたわー、これ。


全体像のイメージは作っていたものの、細かい部分の歌い方は少々迷ってた。


前日に近所のスタジオに入り、遠慮なく声を出して「とりあえずイケる」状態にはなってたものの、あとはそうちゃんの意見聞いて決めることにした。

 


まずは歌を軽く流して1週歌う。

 

 「むらじゅんさ~、これ、ド頭からかましちゃったのほうがいいよ

 

ド頭からかましたバージョンで歌う。

 

 「あえてここは語る感じで


ディレクションをしながら1時間歌録り、ミックス作業1時間で終了。

 

自分らしいパンチの効いた仕上がりに大変満足した。


こんなにレコーディング楽しかったんだなあ。


終わってから聞いたが、そうちゃんとしてはむらじゅんが5年ぶりに歌うので少々心配してたみたい。

 

声が乗らなかったり、響かなかったりしないかと思っていたが、逆に進化を感じたとの事。
本人としては声の心配はそんなにしてなくて、むしろ妙に落ち着いてできたのが意外だった。

単純に年を取ったからだと思うけどw

 

いま、曲を作ったり歌詞を書いたらどんなものになるかなあと、
身体の中でウズウズしたものがあるので連休中に軽ーく作ってみるつもり。

 

良かったらメンバーに聞かせて反応を見て・・・。


純粋に音楽を楽しめた。それがわかっただけでちょっとほっとしたりしてる。