むらじゅん風呂具

ITエンジニアとたまに歌手と司会などで活動する村中淳のブログ

今年最後のおはタリーズ

友人からもらった偉大なる言葉の中に、特に印象が残っているものがある。

 

”コネクションも実力もない人間がどうやったら人に信用してもらえるか?

私は時間を守るってことが最低限できることだと思ってるのよ"

 

この言葉をきっかけに、仕事、プライベートでの遅刻はなくなったように思う。

 

仕事に関しては、誰よりも早く職場に着き、席に着き、その日のタスクを確認する。

 

早起きが慣れてくると、満員電車に乗るが嫌になってたので、

混まない時間帯の電車に乗るようになった。

 

いまの環境だと、6:47の電車に乗るとほぼ混んでいないかつ座れる。

 

さすがにその電車に乗ると職場に着くのが早すぎる為、

近場のタリーズで時間を潰すようになった。

 

資格試験が控えている時には勉強。

考え事をしたい時には手帳を広げて、思ったことをばあーっと書く。

とりあえずiphoneで情報散策をぶらぶらとする。

 

朝の何気ない習慣が生活の一部なってもう何年もたつ。

 

「真面目だね〜」なんて言葉が欲しくてやっているのではない。

ただ、日常生活に流れされないように「大事なこと」を忘れない為にやってる。

 

書きながら考えてみると、「時間がない」と言い訳を作るのも嫌なんだろうなあ。

 

やりたいこと、成し遂げたいこと、忘れたくないことは、

来年の手帳にもいっぱい書いておくのだ。